川崎ソープ プレイガール
プレイガール吉原

吉原ソープランド情報サイト PLAYGIRL since 1998 | 吉原・千葉・茨城

ソープランドが初めての方へ

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. 石榴(ざくろ) - 蒼

インタビュー 石榴(ざくろ) - 蒼

インタビュー No.4446

至れり尽くせりのご奉仕好きで癒し系の榮倉奈々似! いいことがない日でも、私と会うことが1つのいいことになったらいいなぁ~♪

「石榴(ざくろ)」蒼さんのプロフィール写真

「石榴(ざくろ)」蒼さんのプロフィール写真

「石榴(ざくろ)」蒼さんのプロフィール写真

「石榴(ざくろ)」蒼さんのプロフィール写真

「石榴(ざくろ)」蒼さんのプロフィール写真

- 石榴(ざくろ) - 2017.05.08
南国の島国で仕事をしていたことがあるからなのか、ゆったりとした優しい雰囲気をした癒し系の蒼さん。お客さんを癒してあげたいという想いが強く、至れり尽くせりのご奉仕タイプ。特にフ○ラには定評があるとのことで、フ○ラ目当て来るお客さんもいるんだとか。お疲れの方、元気のない方が蒼さんに癒されて笑顔で帰って行く、その訳を聞いて来ましたよ!

【元ダイビングの先生・ゆったりした性格の南国育ち】

【くっ付いてるとき時間が好き・私と関わったからには楽しくなってもらいたい】

【恥ずかしくて早く入れようよぉ~って言っちゃう・挿○は夢中になって恥ずかしい感覚がない】

【おかしくなっちゃうオチ○チン洗い・フ○ラ目的のお客さんがいるほど得意なフ○ラ】


【元ダイビングの先生・ゆったりした性格の南国育ち】

プロフィールによるとダイビングが趣味らしいね。
「はい。今は趣味ですけど、以前は、プロ資格があるので先生をしてたんです。うふふ」
へ~! ダイビングの先生として仕事をしていたと。
「そうなんです。でも日本に帰って来てからは全然してないんです」
お~! しかも海外! でも、そっちの生活が恋しくはならない?
「私は向こうの生活が長すぎて、日本に帰ってきたくてしょうがなかったですね。だからもう、あんまり海外行きたくないです。バカンスに夢がないんです。あはは」
へ~! 日本が恋しかったと。
「ご飯もそうですし、日本の食べ物って全部関税がかかって2倍くらい高くなっちゃうんですよ。だからなかなか食べられなかったし、温泉とかも行きたいって思ったし、あとはテレビもそうですね。日本の番組は、レストランに行ったときにNHKが映ってるくらいで。もう行きたくないですね。あはは」
あはは。なるほどね~。
「今は日本を満喫してます。うふふ」

童顔だよね?
「それは言われます。海外だと中学生扱いされるんです。うふふ」
あはは。幼く見えるよね~。芸能人だと誰に似ているって言われる?
「いやぁ~、言われるんですけど、本当に申し訳なくって…。うふふ」
あはは。誰?
「恥ずかしいですねぇ~。自分で言うのって。私は似てないと思うんですよ。なんでしたっけ、最近結婚してお子さんもいる、東京タラレバ娘のネイルサロンで働いている子をやっていた…」
あ~、榮倉奈々! わかるわ~!
「そうです、そうです。あとテンションが上がるのは、宮崎あおいさん。うふふ。それを言ってくれる人はいい人だなぁ~って思います。うふふ」
あはは。宮崎あおいは嬉しいと。
「私の気分をこんなによくしてくれてありがとうみたいな。あとけっこう年配のお客さんにはセーラー服と機関銃の人…」
薬師丸ひろ子! それもわかるな~!
「そうです。その人も言われます」
うんうん。じゃあ、性格についてはなんて言われる?
「お客さんには『ゆったりしてるね~』って言われることが多くて、私はボケてるのでもうちょっとしっかりしたいんですけど。そういうところがあんまり競争社会っぽくないみたいな感じなので、南国の風を感じるらしいです。うふふ」
あはは。おっちょこちょいな一面もあると。
「しょっちゅうあります。うふふ。失敗しても許してもらうっていう。お風呂が熱湯だったとか。うふふ」
あはは。でもそんなところも可愛くて和みそうだな~。
「うふふ。もうちょっと時間をしっかりしないといけないんですけど、お上がりの時間も最後バタバタしちゃったりして、あぁ~、時間だったぁ~みたいな。うふふ」
あはは。
「90分コースだと余計にそうなんです。あっという間なのでギリギリになっちゃうんですよね。だいたい時間になってから服を着出すみたいな。うふふ」

【くっ付いてるとき時間が好き・私と関わったからには楽しくなってもらいたい】トップに戻る

接客時間で1番好きなことは?
「くっ付いてるときかな。ほかのお仕事って飲み屋さんもそうだと思うんですけど、距離があるじゃないですか。このお仕事ってくっ付いているから、心の距離がないから、その時間は好きです」
うんうん。距離が近いのっていいよね~。
「腕枕とか好きですね。男性がそばにいるっていうので安心しますよね。うふふ」
じゃあ、お客さんに甘えたりも?
「私はずっとベッタリ甘えてるかもしれないです。あんまり離れている時間がないかもしれないです。うふふ。ドリンクも横になって一緒にくっ付いて飲んでます。いいよ、いいよぉ~、起きなくて、私が持って行ってあげるからぁ~って。うふふ」
お~! いいね~! ストローで飲ませてあげたり?
「そうです、そうです。たまに『介護されてるみたいだよ』って言われますけどね。うふふ。一緒にお風呂に入ってるときとかは、お客さんの手をマッサージしたりもしますし」
いいね~。癒されそうだな~。
「お客さんでやってくれる人がいて、やり返してたらいつの間にかマッサージを覚えてたんですよね。2回戦目が勃たないって言う方にはBッドでマッサージをしたりしますね」
お~! 至れり尽くせりだね~。
「私、思うのが、レジの人ですごい嫌な感じの人っているじゃないですか。なんでこの人は人のことを不快にするんだろうみたいな。うふふ。ああいうの嫌なんですよ。私と関わったからには楽しくなって帰ってもらいたいので、いろんなことをしてあげたいんです。うふふ」
なるほどね~。素晴らしいな~。じゃあ、指名のお客さんには癒されに来る人も多い?
「うん。エ○チ90パーセントっていうよりも、お話50パーセント、エ○チパーセントっていう方も多いかもしれないですね。うふふ」
なるほどね~。人としても好感持たれているってことだね。
「入店のときから来てくれているお客さんで、もう半年くらいになる方がいるんですけど、会った当初は『僕はずっと1人で生きていくしかないから』って言ってたんですけど、私がいるじゃないですかって言い続けていたら、最近はそういうことを言わなくなったんですよね。うふふ」
お~! そのお客さんの価値観に何か影響を与えたと!
「お客さんとお部屋に入って来たときに元気がなかったりするじゃないですか。下を向いてたり言葉数が少なかったお客さんが喋ってくれると嬉しいし、元気に笑って帰ってもらえると嬉しいですね。うふふ」
うんうん。元気のないお客さんもいると。
「きっとストレスが溜まってるんでしょうね。特に私は平日の昼間にいることが多いので、お仕事の合間に来る方は仕事の緊張が抜けてなかったりするんですよね。『午後から大事な仕事があるんだよね』って言う方がリフレッシュして帰って行く姿を見るとよかったなぁ~って思いますね」
へ~。大事の仕事の前にね~。
「煩悩を捨て去って、余計な邪念を捨て去って仕事に集中するとかですかね。ほかの人よりイライラしないんじゃないですかね。いいことがあったからぁ~みたいな。うふふ」

【恥ずかしくて早く入れようよぉ~って言っちゃう・挿○は夢中になって恥ずかしい感覚がない】トップに戻る

攻め受けはどっちが多い?
「え~っと、攻めのほうが多い気がします。なんか疲れてるからみたいな感じで、わりと受け身のお客さんが多い気がします。うふふ」
ほうほう。攻めは得意?
「攻めのほうが得意で、受けが恥ずかしくってドギマギして上手く行かないんですよね。うふふ」
あはは。恥ずかしいと。
「恥ずかしくなりますね。服を脱いだりオッパイを見られたりとか、自分主導だと大丈夫なんですけど、それがお客さんのペースになると、あぁ~っみたいな。あはは」
あはは。恥ずかしくて気持ち良くなれないとか?
「それはだいぶあります。恥ずかしい気持ちが勝っちゃうんです。うふふ」
あはは。なるほどね~。じゃあ、どんな風に攻めるのがいいんだろう?
「う~ん…、そうですねぇ~。けっこうお客さんと仲良くなって来ても、だいたいお客さんが大の字になって下で待ってるので、わからなくなっちゃいますね。えへへ」
なるほど~。攻められること自体が少ないと。
「そうですね。ご新規のお客さんくらいかなぁ~。私はたぶん、前戯よりも入れてるときのほうが気持ち良いんだと思います。入れちゃえば恥ずかしさは消えちゃいますね。うふふ」
なるほど~。
「だから早く入れようよぉ~って言っちゃうかも。お客さんは頑張ってくれてるのに。うふふ」
あはは。もしかして、くすぐったい感覚なのかな?
「くすぐったくはないんです。気持ち良いんですよ。でもお仕事中だからかな…。お客さんの気持ちを考えて、あぁ~ってなるんです。うふふ」
なるほど~。ご奉仕精神が勝っちゃうと。
「うん。動かないでいいですよって思っちゃって。うふふ」
じゃあ、好きな体位は?
「正○位が1番落ち着きますね。正○位ってやっぱり気持ち良いですよね。女性ではそこまで力がないから動かせないけど、男性は筋肉があるから突けるじゃないですか。そういう気持ち良さはあると思います。うふふ」
うんうん。
「あとはギュッとしたりもできるからいいですよね。正○位のときは夢中でチュウしたりとかしているので、普段は見られてると恥ずかしいけど、入れてるともう夢中なので恥ずかしいっていう感覚じゃないんですよね。うふふ」
お~っ! いいね~! じゃあ、イッちゃうことも?
「ありますね。騎○位をしているときにクリを当てながらするとイケるときもあります。でも本当にたまにかな。女性って前後に動いるときのほうが気持ち良いんですけど、男性は上下のほうが気持ち良いのであんまりイケないのかも。うふふ」
あはは。なるほど~。前後の動きをさせてくれたらイケると。
「うん。でも、イッたときはもうグッタリしちゃってますね。うふふ」
ほう。いいね~。じゃあ、バ○クはどう?
「バ○クもいいですよね。お客さんはお尻とくびれを見て喜んでくれてますね。うふふ」
お~! いいね~! お尻を褒められると?
「私はダイビングをしてたからか、筋肉が付いているから上がってるらしいんですよ。それが、ただ小さいだけっていうよりもいいみたいで。うふふ」
なるほど~。プリ小尻と。
「男性が読むエ○チな漫画系のお尻みたいです。うふふ」

【おかしくなっちゃうオチ○チン洗い・フ○ラ目的のお客さんがいるほど得意なフ○ラ】トップに戻る

攻めで好きなのは?
「なんだろう…、お客さんのリクエストに応えるのが好きですね。タマの裏とか。うふふ。あとはお風呂でIスで洗ってるとき、オチ○チンを洗ってるとお客さんがおかしくなるっていう。うふふ」
あはは! おかしくなる!?
「なんか気持ち良くって洗っているのを忘れるらしいです。うふふ。そのあとお風呂に入ろうと思っていたのに、そのままBッドに行っちゃったり。うふふ」
あはは。いいね~。洗い方が上手なんだろうな~。
「なんなんですかねぇ~。えへへ。特にテクニックっていうより、自分がされるならどうだろうって考えてるくらいで。なかなかMットまで辿り着かないっていう。うふふ」
あはは。すごいな~。じゃあ、Mットは好き?
「好きですね。でも指名のお客さんがしたがらないのはなんでですかね。うふふ。気を使ってくださってるんですかね? このあとどうしますか? って聞くと、『Bッドで』って言われるんですよね。えへへ」
へ~。しかもお客さんが受けと。
「そうです、そうです。初めてのお客さんだとだいたいみんなMットをしたがるんですけどね。うふふ。だからわりと私はBッドで密着型が多いかもしれないですね」
なるほど~。
「Bッドで立て続けに3回戦っていうこともあります。『お風呂はいいよ』って言われることもありますから。うふふ」
お~! すごいな~!
「どんどん濃くなるんですかね。さっきはああしたから、今度はこうしてみたいな。最初は、お客さんは正○位してバ○クまでしたいんですよ。でも最後までできなくって、フ○ラでイッちゃったり騎○位でイッっちゃったりするから、2回目でやっと入れて、3回目でやっとバ○クができてみたいなそういうステップがあるかもしれないです。うふふ」
あはは! わかる気がするな~!
「お客さんには、『やりたいんだけど持たないんだよね~!』みたいな。9割方は、1回戦はわりとすぐにイッちゃいますね。うふふ」
お~っ! ナカがキツいからとかもあるのかな?
「それもあると思いますけど、あとはフ○ラが上手いって言われます。でもこの仕事をしてたらみんなそうだと思うんですけどね。うふふ」
ほうほう。いいね~。何かコツがあるのかな?
「そんなにないんですよね。でも最初はあんまり手を使わないで口だけかも。なんか手を使っちゃうと強い刺激に慣れちゃうから、入れたときの気持ち良さが半減しちゃいそうじゃないですか。だから最初は口で優しくしますね。えへへ」
うんうん。確かにそうかも。
「なのであんまり手を使わないようにしてます。あとは『もうフ○ラでもいいわ~!』って言うお客さんも多いですね。今日もこのあとフ○ラが気に入って来てくれる方いらっしゃいますね。週1くらいで来てくれていて。うふふ」
お~っ! フ○ラ目当ての常連さんと! すごいな~! けっこう奥まで咥えたり?
「っていうわけじゃないと思うんですけど、収納率はいいのかもしれない。うふふ。あとは舌にも力を入れてないかもしれない。男性から舐められるときに、舌に思いっきり力が入ってると、あんまりだったりするんですけど、舌の力を抜かれてデレ~ンとなってると気持ち良かったりしませんか? あの感じです。うふふ」
なるほどね~。ちなみに、いきなりパクっと行くの?
「いきなりは行かないですね。周りからジワジワと。あと脚の付け根があるじゃないですか。そこをちょっと噛むといいみたいですね」
あはは。噛む!?
「これもお姉さんに教わったんですよね。だからオチ○チンに行く前には、脚の付け根とかタマとかに行ったりしてからですね。あと男性は意外と乳首舐めが好きかもしれないですね」
うんうん。乳首好きは多いよね~。
「プライベートのときは女の子に言えないのかな。うふふ。こういうところならではみたいな感じありますよね」
彼女や奥さんには言えないってお客さんもいいるだろうね。
「うんうん。そのせいか、ここだと意外とお客さんが自分から『乳首が気持ち良いんだよね』って言うのを聞くかもしれないですね。あとは正○位で入れてるときに、私の手を持って来て自分の乳首を触らせる人もいますね。うふふ」
あはは。なるほど~。
「あぁ~、あと私はフ○ラするとき手が上にあるかも…。お客さんの乳首触ってますね。それでだいたいみんなイキそうになっちゃいます。うふふ」
お~! 3点攻めと。
「フ○ラは褒められるので、だいたいオチ○チンがシュンってなって機嫌がよくないなって思ったら、フ○ラで機嫌をとります。うふふ。フ○ラしているときにお客さんが首をすっごい上げて見てるので、首痛くないですか? って聞いたら、『いや、これがいい!』って言ってました。うふふ」
あはは。フ○ラしているところを見たいのかな?
「私も初めはそう思ったんですけど、四つん這いでフ○ラをしているとお尻が上がってるじゃないですか。お客さんはそれを見ているみたいで。うふふ。お客さんの顔を見たら、舐めてるところじゃなくて私のお尻を見てるってこともけっこうあって。うふふ」

【元ダイビングの先生・ゆったりした性格の南国育ち】

【くっ付いてるとき時間が好き・私と関わったからには楽しくなってもらいたい】

【恥ずかしくて早く入れようよぉ~って言っちゃう・挿○は夢中になって恥ずかしい感覚がない】

【おかしくなっちゃうオチ○チン洗い・フ○ラ目的のお客さんがいるほど得意なフ○ラ】

お客さんにメッセージを。
「嫌なことがあっても、ここに来れば全て忘れて癒されて帰ってくれればなぁ~と。今日1日いいことが何もなかったなぁ~ってときでも、私がいいことを1つ作れるかな♪」

[取材後記]
メッセージにもあった、私がいいことを1つ作れるという言葉、まさに蒼さんの優しさが詰まった言葉だと思いました。そんな蒼さんだからこそ、元気のなかったお客さんも元気にさせてあげることができるのでしょう。もちろんエ○チも大事ですが、そんなお客さんの価値観をちょっと前向きに変えることができるという、女の子にはそんな魔法があるのでしょうね。これはもう、蒼さんに限らず、ソープで働く子みんなに感謝です! そんな魔法を南国の風の乗せて届けてくれる蒼さんに、みなさんも癒されてみませんか?[PLAYGIRL/スープ]

(22才)
T150/B84(C)/W56/H84

石榴(ざくろ)』 - 吉原
TEL:03-5808-3888

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ