川崎ソープ プレイガール
プレイガール吉原

吉原ソープランド情報サイト PLAYGIRL since 1998 | 吉原・千葉・茨城

ソープランドが初めての方へ

  1. トップ  > 
  2. 女の子の取材  > 
  3. インタビュー  > 
  4. サテンドール - ローラ

インタビュー サテンドール - ローラ

インタビュー No.4135

パーフェクトボディを持つ、ブラジルと日本のハーフ美女! エ○チが好きなので、1人エ○チはしません! 負けた感じがするんです…。

「サテンドール」ローラさんのプロフィール写真

「サテンドール」ローラさんのプロフィール写真

「サテンドール」ローラさんのプロフィール写真

「サテンドール」ローラさんのプロフィール写真

「サテンドール」ローラさんのプロフィール写真

ローラ - サテンドール - 2016.02.25
今回の女の子は、ブラジルと日本のハーフ美女! 一体どんな子なのか? サンバカーニバルでよく見るような、フェロモンでまくりなのか? それとも、大和撫子っぽさのある、可愛い系なのか? と、あれこれ想像していると…、現れたのは、フェロモンでまくり、そして大和撫子の可愛さも持つ、まさに完璧ではないかと言える、ローラさん! いや~、そんなローラさんのエロい部分、気になりますよね~!

【したら負けだと思う、1人エ○チ】

【一生忘れられない、初エ○チと初ク○ニ】

【開発中のカラダ&言葉攻めよりも褒め言葉】

【大好きなバ○クと立ちバ○ク】

【大好評のMットとフ○ラ】


【したら負けだと思う、1人エ○チ】

可愛いね~! ハーフなんだよね?
「ありがとうございます。ブラジルと日本のハーフです」
へ~。じゃあ、ポルトガル語も話せるの?
「いえ…、それは話せないです。でも、おしゃべりは好きですよ。いろんな人とお話すると、初めて聞くことも多いのでおもしろいです」
うんうん。ちなみに、芸能人で誰かに似てるって言われる?
「お客さんからはよく、ベッキーとマギーの間って言われます。うふふ」
あはは。間ね~。わかる気がするな~。
「それを友達に話したら『確かにわかるぅ~』って言われました。前から、けっこう『ベッキーに似てるね』っていうのは言われてましたね。あとは、名前の通り、目がローラっぽいって言われます」
あはは。なるほどね~。じゃあ、性格は?
「自分では、ストレートな性格だと思います。友達からは『すっきりしてるし、おっとりしてるね』って言われますね」
ほう。そして、スタイルもかなりいいと思うんだけど…、褒められる部分は?
「一番褒めてもらえるのは、お尻ですね。『プリッとしてるね』とか『形がいいよね』ってよく言ってもらえます。あっ、でも、オッパイも言ってもらえるかな。『いい形してるね』とか『乳首の色が綺麗だよね』とか。あと『クビレもいいよね』とも言われますね。うふふ」
あはは。すごいね~。全身だね~。
「褒められるのは嬉しいですね。でも、自分の中で1番気に入っているのは、くびれです」

ソープに来たきっかけは?
「きっかけは、簡単に言うと、エロいことが好きなんです!」
いいね~! 素晴らしいね~! じゃあ、どんなところがエロいの?
「1人エ○チをしない分、とにかくエ○チするのが好きなところですね。うふふ」
あはは。いいね~。じゃあ、ソープは、まさに天職と。でも、何で1人エ○チはしないの?
「なんて言うか、やったら負けという感じがして…」
負け?
「1人エ○チって、その瞬間は気持ち良くても、結局虚しい気持ちになっちゃうと思うんですよね。私、何しているんだろうって」
なるほどね~。じゃあ、1人エ○チはしたくもならないと。
「いえ…、家にいるとき、ムラムラはするので、したくはなりますね。うふふ」
あはは。したくはなるけど?
「そこで1人エ○チをしようかどうか、葛藤が始まるんです。でも、やったらだめって自分に言い聞かせて、なんとか我慢するんです」
あはは。葛藤はすると。
「それで、だんだん誘惑に負けそうになって、いったんアソコに手を伸ばすんです。それで、パンツを下して、ちょっとだけアソコを触ってみようかなって思うわけです。触ったら気持ち良いかなって。ちょっとですよ。ほんのちょっとクリをサワサワと」
あはは。うんうん。
「そこから、なんとなしにイジってはみるんです。でも、やっぱり相手がいてのエ○チじゃないとイクまではいかないんですよ。だから、私は1人エ○チは全くしないんです!」
あはは。イジってはいると。
「そうですね。うふふ。まぁ、でも、それくらい、確実に性欲はあるんです。だから、この仕事は本当に楽しいです!」

【一生忘れられない、初エ○チと初ク○ニ】トップに戻る

でも、どうして1人エ○チだとイケないんだろう?
「きっと、1人エ○チよりも先に、相手のいるエ○チの楽しさを覚えてしまったことが原因ではないかと思います」
ほうほう! ちなみに初体験は?
「18歳のときです」
ほう。でも、それまでにムラムラすることはあったでしょ?
「いえ。実はそれまで、ずっと男の人が苦手だったんです。ボーイフレンドはできても、手は繋ぎたくないし、エ○チなことにも興味もないし、それが悩みでもありましたね」
へ~。
「一緒に遊ぶことは楽しかったんですよ。でも、それ以上は進まなくてもいいと思ってました。むしろ、相手にオチ○チンがついていなければいいのにとさえ思ってましたね。うふふ」
あはは。おもしろいな~。
「私がそんな感じだったので、せっかく告白されて付き合い始めたのに、相手にフラれて別れました。うふふ」
へ~。じゃあ、何がきっかけでエ○チが好きに?
「高校を卒業したあと、男嫌いをどうにかしようと飲食店で働いたことがあったんです。そのとき、ちょっと年上の彼氏ができて」
ほう。
「その彼がすごく落ち着いた雰囲気で、よかったんです。高校の頃の同級生のように、変にガツガツしてないと言うか」
なるほど。
「そのとき、なんかこの人とならエ○チしたいなって思って、思い切って私から誘ったんです」
お~!
「そしたら、彼も『いいよ』って言って、ホテルでエ○チしたんです。そしたら、むちゃくちゃ気持ち良いやん! って。うふふ」
お~! 初体験で気持ち良かったと。
「はい。もう、それまでの男性への苦手意識が嘘みたいに! エ○チするのが全然嫌じゃなかったです。たぶん、彼の攻め方もソフトだったのがよかったんだと思うんですけどね」
なるほどね~。ちなみに、エ○チの内容は覚えてる?
「覚えてます。とりあえず、めっちゃク○ニされました! それがすごく気持ち良かったです! うふふ」
あはは。いいね~。
「ク○ニって、それまでAVでは観たことあったんですけど…、観ていて、いやいや、アソコを舐めるってないでしょ! そんなので気持ち良くなるわけないじゃん! ってずっと思ってたんです」
なるほどね~。
「中学生くらいのときに友達の家で、みんなで勉強会みたいな感じでAVを観たんですけど、他のみんなも言ってました。アソコを舐められるのも、逆に舐めるのも嫌だって」
ほう。それが?
「でも、舐められたらビックリするくらい気持ち良かったです! 自分がオチ○チンを舐めるのも、自分でエロいなぁ~ってドキドキしましたし。うふふ」
なるほどね~。
「初体験だったんですけど、すごく良い思い出になりました。よく、初めては痛いって言いますけど、気持ち良さが勝って、ほとんど痛くなかったんです」
いい初体験したね~。ちなみに、どんなク○ニだったの?
「ものすごく丁寧に舐められました。舌を柔らかく使って、フワ~って感じでした。アソコをすぐに舐められたわけじゃなくて、太ももとかあちこちを舐められて、ちょっと感度が高まったところで、最後に舐められたのがよかったんだと思います」
へ~。ジラしもあったと。
「はい。太ももから舐めて、そろそろ上に上って来るかなと思ったら、アソコを通り越して、お腹とか胸を攻められました」
ほうほう。
「それを繰り返してるうちに、私もカラダがブルブルって震えてきて、そこで彼がタイミングを見計らったかのうように、チョロっと舌先でアソコを舐めたんです。そしたら、私の腰がビクンってすごく反応しちゃって…」
お~!
「そこで、彼もいけると思ったんでしょうね。そこから一気に、怒涛の勢いで舐められました。私もそこからは、声も出ちゃうわ、震えちゃうわで、大変でしたね。うふふ」
エロいな~。
「あのク○ニの気持ち良さは、一生忘れられないです。うふふ」
うんうん。ちなみに、ローラさんは、反応は大きいの?
「そうですね。けっこうお客さんからも、『声大きいね~』って言われます。無意識なんですけど、自分でもけっこう出てるかなって思いますし」
いいね~。で、より大きな声が出ちゃうのは、やっぱりク○ニ?
「はい。でも、1番は挿○で、激しく突かれたときですね。思わず、絶叫しちゃいます。キャー! って」
いいね~。エロいね~。その姿、ぜひ見てみたいわ~。
「うふふ。その初体験から、エ○チ大好きになっちゃって、カラダをいろいろ開発されてきましたね」

【開発中のカラダ&言葉攻めよりも褒め言葉】トップに戻る

どんなところを開発された?
「まず、首ですね。エ○チのスイッチが入るポイントとして、首を舐められるのが好きです。特にハムハムされるのがいいですね。うふふ」
ほう。ハムハムね~。
「歯を当てないで、唇だけを使ってキスする感じですね。乳首を舐められるよりも、まず最初は、首の辺りをハムハムして欲しいです。そこから、感度が徐々に上がってきます」
なるほど~。ちなみに、ハムハムは他の部分でも有効?
「耳もハムハムされるの好きです。特に耳たぶのところは格別ですね。うふふ」
あはは。耳たぶか~。なんかエロいね~。
「それを後ろからされながら、同時にオッパイを揉まれるのもいいですね。効果が増します。うふふ」
いいね~。後ろからが好きと。
「はい。後ろからされると、何となく雰囲気が盛り上がります。特に、お尻を攻められるのは好きですね。ハムハムはもちろん、舐めたり吸ったりされても感じちゃいますね」
ほう。ちなみに、どんな体勢がいい?
「私が四つん這いになって、相手も後ろから四つん這いの状態で舐めてもらう体勢ですね」
お~! エロい体勢だね~。じゃあ、他に好きな部分は?
「鎖骨も好きです。上から下にハムハムしていって、オッパイ舐めて、おへそ舐めて、腰骨とか」
ほう。腰骨ね~。
「はい。骨が出っ張っているところって、舐められると敏感で、けっこう気持ち良いんですよ」
なるほどね~。そして、そこからさらに下は?
「アソコを目指して舐めて行くんですけど、でもいったんアソコは通りすぎて欲しいですね。太ももを舐めて足先まで行って、指を舐めて、戻って来て、満を持してアソコという流れだと最高です! うふふ」
あはは。いいね~。ジラされ好きだね~。
「はい。ジラされたほうが、来て欲しいって思ってウズウズしてきます。たまに、自分から、もう舐めてぇ~って言っちゃうときもあります。うふふ」
いいね~。エロいね~。
「うふふ。あんまりすぐク○ニが始まっちゃうと、もういっちゃうんだぁ…、って、なぜかちょっと寂しい気持ちになっちゃうんです。うふふ」
なるほど。じゃあ、いよいよク○ニと。コツはある?
「舌先を柔らかくされるといいです。たまに、舌先を尖らせて強めに舐める方もいるんですけど、アソコを優しく包み込む感じでしてくれるといいですね」
柔らかい舌を、さらに柔らかくと。
「そうされると、けっこうイキやすいです。わりとイキやすいので、お客さんからは『ローラちゃんは舐めさせ上手だね』って言われたこともありますね。うふふ」
あはは。いいね~。舐めさせ上手ね~。
「やっぱり、女の子の反応がいいと、お客さんも楽しいみたいで、もうちょっと上のほう舐めてって言うと、お客さんもパパってすぐ動いてくれますね。うふふ」
あはは。いいね~。楽しそうだね~。
「楽しみながらやれるといいですよね。そうやって、カップル同士のように自然にできるといいですね」

言葉攻めプレイはどう?
「言葉攻めは、逆にないほうが集中できます。あんまり言葉のやり取りをしていると、集中できなっちゃうので。よくプレイ中に、気持ち良い? って聞かれることが多いんですけど、私としては、もう声が漏れちゃってる時点で気持ち良いってことなので、あえて聞かなくても、安心してください! と。うふふ」
確かに! なるほどね。
「気持ち良い? とか聞かれるよりは、可愛いねって褒めてくれたほうが興奮します」
なるほど~!
「このお店は、よく外国人のお客さんも来るんですけど、けっこうそんな言葉をずっと言ってくれる人が多いです」
へ~。どんな言葉?
「髪の毛を撫でながら、セクシー! とか。そんな調子で、ずっと褒めてくれるんですよ」
なるほどね~。
「ヨーロッパ系の人達は、みんなそんな感じですね。女の子を褒めるのが慣れてるんですよね。最初に会ったときに、『キュート!』って言われて、服を脱いだら、『セクシー!』『ビューティフル!』って言われて、それでエ○チのときも、耳元でずっと『セクシー!』って囁かれるんです♪ 会った瞬間から終わるまで、ずっと褒めっぱなしでしたね。うふふ」
それは嬉しいね~。
「この時間を一緒にいい時間にしよう! って気持ちが伝わってきますよね」
うんうん。雰囲気作りも大事だもんね。
「ちゃんと、1人の女の子として接してくれるので嬉しいです。エ○チが終わったあとも、『君をこのままアメリカに連れて帰りたいよ!』なんて、ずっと言ってくれるんです。うふふ」
すごいな~。日本人には、なかなか難しそうだな~。
「シャイな方が多いですからね。でも、会ったときに一言『可愛いね』って褒めてくれるだけでも全然違います。何にも言われないと、私でよかったのかなって不安になっちゃうので」

【大好きなバ○クと立ちバ○ク】トップに戻る

イクときの感覚は?
「感覚を表すとしたら、フワ~ッと力が抜けるという感じですね。これは他では味わえない幸せな感覚です」
ほう。ちなみに、イクときは言う?
「はい。小さいイキ…、小イキがあるんですよ。それが来ると、そろそろかなと。そこからお客さんに早く舐めてもらうと、気持ちも高ぶってイキやすくなります」
へ~。カラダの変化は?
「声は、逆に出ないですね。その分、イク瞬間はカラダ全体にギュッて力が入ります。前に、あまりにも力が入ってお客さんの頭を自分の太ももでめっちゃ絞めちゃったことがあって。うふふ」
あはは。すごいね~。そして、挿○?
「はい。そのあとはたいてい、お客さんから『もう入れていい?』って聞かれるので、そのまま挿○します」
なるほど~。好きな体位は?
「バ○クですね! 理由としては、男の人も動きやすい分、突かれるリズムもいいし、持続力もあるので」
ほう。
「私も、アソコの奥の気持ち良いところにオチ○チンが当たるので、感覚的にも気持ち良いです。何なら、自分で腰を動かして調整することもできますから。前かがみになったり、逆に膝を立てて四つん這いになったり。うふふ」
へ~。調整できるんだ~。
「あと、立ちバ○クも興奮します。特に鏡の前でやるのはいいですね。うふふ」
鏡の前か~。エロいね~。
「けっこう男の人って、鏡の前でするの好きですよね。感じてる女の子の顔を見たいって人が多いです。普段、奥さんや彼女とはできないと思うので、ぜひ試して欲しいですね」
うんうん。いいね~。ローラさんも好きと。
「私も好きですよ。私は、けっこう自分の顔を見て、自分感じちゃってるなぁ~っと思って興奮します」
ほうほう。ちなみに、突かれ方の好みは?
「激しいほうが好きですね。気持ちも盛り上がるし、カラダの感覚としてもいいです。うふふ」
お~! エロいね~。痛くはないと。
「私、かなり濡れやすいんですよ。もう、濡れやすさは自分でもすごいと思います。チュウしただけで濡れちゃうし、パンツを脱いだら糸引いちゃってるときもありますね。うふふ」

【大好評のMットとフ○ラ】トップに戻る

話を聞いていると、Mっぽいのかな?
「そうですね。なので、Bッドでは基本受けが多いです」
なるほど~。じゃあ、攻めるのは、あんまり?
「いえ。攻めも好きですよ。Mットは特に楽しいです。ヌルヌルと滑るのが楽しいです!」
あはは。いいね~。

「Mットは、1回戦が終わったあとにすることが多いんですけど、お客さんともけっこう打ち解けあっての状態なので、攻めがいがあるんですよね。うふふ」
なるほど~。攻めどころがわかっていると。
「はい。ここが好きだよねって攻めると、反応もいいので、どんどん苛めたくなっちゃいます。うふふ」
いいね~。苛められたいわ~。ちなみに、反応がいい部分は?
「お尻のほっぺが特にいいですね。チョンって触ると、ビクンって震えるので、私もテンションが上がっちゃいますね」
ほう。お尻ね~。
「お尻は、ほっぺもいいですし、穴のところも反応いいです。縦にスル~って指をなぞると、『お~!』って言われます。うふふ」
いいね~。気持ち良さそうだね~。
「あと、他の子はあんまりしないらしいんですけど、私、足の裏も舐めるんですよ。かかとを甘噛みするとか。それは、お客さんからは『新しい感覚で気持ち良いね~』って言われます」
ほう。足の裏は、ツボもたくさんあるしいいだろうね。
「うふふ。そうですね。かかとは生殖器のツボがあるから、きっと効果もバッチリです!」
あはは。いいね~。ちゃんと調べていると。
「うふふ。あとは、ひっくり返して仰向けの状態で、上に乗って素股をします。素股もけっこう評判よくて、『あれ? もう入ってる?』って言われることも多いですね」
なるほど~。何か意識してる?
「騎○位のときは、できるだけ腰をグリグリと押しつけてこするように意識していますね」
ほう。いいね~。一つ一つの動きが丁寧だな~。じゃあ、フ○ラはどんな感じ?
「フ○ラは、いつも裏筋から舐め始めて、カリのところまで来たら、チマチマとそこをしばらく舐めます。それでお客さんが、そろそろ咥えて欲しそうになったら本格的に舐めますね」
いいね~。ジラすね~。
「咥えたあとも、あえてすぐ口を離して、手で攻めたりしてジラしますね。あと、手で攻めるときは、中指と薬指の間とか、あまり使わない部分も使ったりするので、手の動きもけっこう褒められるんですよ。うふふ」
へ~。
「手首をこねくり回す感じで動かすんですけど、これがいいらしいです。うふふ」

【したら負けだと思う、1人エ○チ】

【一生忘れられない、初エ○チと初ク○ニ】

【開発中のカラダ&言葉攻めよりも褒め言葉】

【大好きなバ○クと立ちバ○ク】

【大好評のMットとフ○ラ】

お客さんにメッセージを。
「一緒にエ○チで楽しい時間を過ごしましょう! いっぱい攻めてください♪」

[取材後記]
ローラさんの魅力は、なんと言ってもハーフ美女! そして、1人エ○チを我慢するほどのエロさ! さらに、話をしてみてわかったのは、好感の持てる人柄! みなさん! そんなローラさんの攻略法、見つけましたか? 攻めるなら、ク○ニとハムハム。攻められるなら、Mットとフ○ラ。体位は、バ○ク。そして、よりエロい時間をすごすコツは、褒め言葉ですよ。ま~、でも、意識をしなくても、会った瞬間、自然と褒め言葉が出ちゃうと思いますけどね。[PLAYGIRL/あさお]




ローラ(20才)
T155/B86(D)/W56/H80

サテンドール』 - 吉原
TEL:03-5603-7855

お店のHPへ

このページのトップへ インタビューリストへ
ページの先頭へ